この記事へのコメント

  • 菊水護国

    御山ではお話しできて良かったです。お練りから何から何まで意味があるのですが、顕正会の偽御大会式とはなんだったのでしょうか?
    2015年11月21日 19:57
  • トチロ~



    菊水護国さんへ


    隣の宿坊だったとはビックリしました。また、貴重なお話を教えて頂き感謝しております。

    早速家にあった日達上人の資料を開いてみたのですが、該当部分が発見出来ませんでした…。最初から通読はまだしていないので何とも言えないのですが…。日達上人全集の第4巻491頁~504頁をコピーしたものです。

    もう一度じっくり読んでみます。

    ところで本来の御大会は滅不滅である御本仏の出現をお祝いする儀式ですから、常住此説法ということを理解した上でお祝いしていなけりゃそれは単なるポーズなわけですよね。

    しかし浅井さんは見え透いた嘘を次から次へと繰り返すわけで、本当にこの人は仏様の御眼を恐れているのだろうかと疑問に思えてきますね。



    2015年11月21日 21:59
  • ユタ

     こんばんは。

     御大会参加、お疲れさまです。
     私は週末忙しい因果な商売をしているもので、現在の末寺に所属してから1度も参加したことがなく、非常に残念であります。
     登山自体は平日に添書で行くのですが、たまにはそういう大きな行事にも参加してみたいですね。
     まあ、定年まで無理そうな感じですが。

     告白手記の続き、楽しみにしております。
     外圧などには、決して屈しないでください。
     よろしくお願い致します。
    2015年11月21日 22:45
  • トチロ~



    ユタさんへ


    御大会は曜日に関係なく毎年11/20~11/21に行われます。

    今回はたまたま2日目が土曜日に重なりましたが1日目が平日なもので、私みたいな自営業者にお声がかかるんですね。

    これが2日とも平日だったりしたら、それこそユタさんに頭を下げて「参加して下さい!」って講中からお声がかかると思いますよ。

    ちなみに4/6~4/7は御虫払い、9/18~9/19は寛師会、これらも曜日に関係なくこの日にやりますから、前もってカレンダーをチェックしてバッチリ平日に重なる行事に予約しておくのも一つの手ですよ。


    2015年11月22日 01:34
  • 菊水護国

    トチローさん 一番問題なのは「御大会式」という名称です。末寺の場合「御会式」本山の場合「御大会式」というのは、単に本山、末寺の違いとは違います。本山の御大会式は初日の御開扉、お練りから三戒三請の儀式、御法主上人の法華経講義、勤行衆会、さらなるお練りから献膳、読経、申状の儀、布教講演、お花くずしまでの総称です。浅井さんの読経と申状の儀もどきを「御大会式」とは僭称の極みなんですね。
    2015年11月22日 20:27
  • ユタ

     トチロ~さん、ありがとうございます。
     まあ、
    「休日出れるように努力せよ」
     と、どこかの顕正会みたいなことを言われるのがオチだと思いますがね。
     ま、やれるだけやってみましょう。

     我々の税金で日常の生活と療養させてやってるんだから、某A氏のクレームなんか突っぱねて、ガンガン書いちゃってくださいよ。
    2015年11月22日 21:44
  • トチロ~



    菊水護国さんへ


    私も今回久々に猊下様の御説法を御影堂で拝聴しましたが、御影堂に入られた後のの御振る舞いにも一つ一つの意味があることを知りました。

    顕正会の人たちにもぜひ一度見てもらいたいものだと感じました。


    2015年11月23日 04:02
  • トチロ~



    ユタさんへ


    平日動ける人はある意味貴重な存在ですから今のままの環境で良いのではないでしょうか…。

    あわよくば休日の行事にも参加できるようになるといいですね…。といくらいのものだと思います。

    平日も休日も動けるとなると、定年退職を待つしかないかもしれませんが、それはそれで良いのではないでしょうかね…。焦らないことですよ。


    2015年11月23日 04:05