顕正会崩壊近し…

本日お会いした顕正会員の方から10月に出るという(13日にすでに出たそうです。)基礎教学書というものの実物を見せてもらいました。 題名はかつての折伏理論書と同様の「日蓮大聖人の仏法」で、副題が「折伏理論書」から「基礎教学書」に変わっただけでした。 なおハードカバーで箱入りになり(日蓮正宗の歴代法主全書のような薄い紙のカバーまでついて立派になっています。)、価格も2000円と高…

続きを読む

顕正会の平成33年は御宗門の真似です。

院第六六一号                        宗 内 一 般  平成二十一年八月一日                          日蓮正宗宗務院    御法主日如上人猊下より、新たな広布推進の御命題を賜る    一、平成二十七年・二祖日興上人御生誕七百七十年の佳節までに、すべての法華講支部が現在の講員数を五十%増加すること。    二、平成三十三年・宗…

続きを読む

33年の300万

「さあ、全員、起立してほしい。  私は、あと十二年のちの平成三十三年、二〇二一年までに、断じてこれを成し遂げたい。  この年は、日蓮大聖人御入滅七四〇年に当る。そして中国の空母機動部隊がいよいよ太平洋に実戦配備される年であります。他国侵逼はいよいよ眼前となる。  この時までに、何としても、顕正会三百万、男子十万を成しとげ、大聖人様に応え奉りたい。断じて他国侵逼に遅れてなるものか…

続きを読む